CSPP Japan

a

CSPP Japan Overview


創立18周年を迎えたカリフォルニア臨床心理大学院日本校は、残念ながら2020年夏学期をもって閉校となりました。

CSPP Japan celebrated 18th year, but unfortunately, it was closed in summer 2020.

California School of Professional Psychology(CSPP)は、1969年にカリフォルニア州において、当時まだごく一部の人のための高価なサービスであった心理療法を、必要とする多くの人々に広く提供できるよう数人の臨床心理学者によって、実践を重視した大学院としてスタートしました。以来、CSPPが博士号・修士号を授与した学生は6,000名以上にのぼります。カリフォルニア州の認定クリニカル・サイコロジストの約50%はCSPPの修了生及び関係者となっています。理論、実践、研究の三本の柱で構成されたCSPPのカリキュラムは、高等教育機関における心理臨床家育成のモデルとして、米国の多くの大学院に取り入れられてきました。2000年には、他の専門大学院と共にAlliant International Universityとして総合高等教育機関となりました。

CSPP founded in 1969 with a vision to increase an accessibility to mental health services and psychotherapy which traditionally and at that time was a privilege only for those who were financially wealthy.  This vision was shared by several psychologists who founded this graduate school with a focus on education of clinical practice.  In 2000, CSPP became a part of Alliant International Univeristy

CSPP日本校は、CSPPサンフランシスコベイエリア校の修了生であった故西尾和美博士が、1990年代前半、実践力を養うことのできる臨床心理の大学院の数が限られていた日本にCSPPを導入しようと、斎藤学医学博士とともに準備を重ね、2001年に、米国西部学校・大学協会大学委員会(WASC Senior College and University Commission) 臨床心理学研究科修士課程として認定を受け、2002年に開講されました。

CSPP Japan program was founded by Drs Kazumi Nishio and Satoru Saito with a vision of building a graduate school of clinical psychology which focuses on practical training by bringing CSPP to Japan, so that good quality mental health care could become widely available and accessible to those who need the services the most.  In 2001, CSPP japan program is accredited by WASC as a master’s program of clinical psychology, and the first class started in 2002.

それから20年近くの間、CSPP日本校は日本国内で唯一のアメリカの臨床心理大学院として、アメリカの臨床心理学を日本社会に適切な形で取り入れるための工夫を続けながら、実践を重んじる高等教育を提供しました。48単位の取得が必須とされ、社会人大学院として週末のスクーリングとオンラインクラスを中心としたカリキュラムの上に、最終学年での320時間の実習と修士論文が課されていました。この実習は、アメリカの教育をモデルとしたもので、時間数の多さだけでなく、個々のスーパービジョンとケーススタディの授業とを平行して行う厳しい心理臨床のトレーニングであり、しっかりとした心理面接を行う力を養うことを目指していました。臨床の現場で必要とされる、自己と向き合う力をサポートするため、学生自身が教育的な心理カウンセリングを30時間以上受けることも必須とされていました。

Since then for about 20 years, CSPP Japan has been the only American graduate school of clinical psychology, and provided American education of psychology with a careful adaptation to Japanese society and culture.  This program required 48 units to graduate, and curriculum was arranged for adult learners who had full time jobs or family and parenting obligation with weekend classes and online classes.  During the third year, students had to do both 320 hours of practicum training as well as writing a master thesis.  The practicum training accompanied with case study class and individual supervision.  This training was designed to train students to become a skilled psychotherapist, therefore they were required to be in psychotherapy themselves.

CSPP日本校は、そのような実践的な教育から、優れた力のある心理臨床の実践家を育てて来ました。また、このコミュニティは、異なる文化が協働で何かを生み出していくことの難しさと、そこから生まれるものの価値をも、私達に教えてくれました。同質性の高い日本社会において、とても貴重なものであったと言えると思います。

 CSPP Japan program provided comprehensive training and education for students to become competent psychotherapists.  At the same time, CSPP Japan community taught us the values and difficulties of engaging in educational and psychological projects internationally.

Founding mission: Dr. Nishio and Dr. Saito


日本校の創設は、精神科医の斎藤学博士と、心理学者であった故・西尾和美博士のお二人の貢献によるものでした。斎藤学博士は、精神科医療や依存症治療の現場を通じで、日本社会におけるより多くの力のある心理臨床家の必要性を感じていました。米国のCSPPを修了し、州認定クリニカル・サイコロジストとしてカリフォルニアで心理臨床を行っていた西尾和美博士は、1980年代後半から斎藤博士とともに日本に共依存やアダルトチルドレンの概念を紹介し、日本でも心理臨床実践も行う中で、日本における心理臨床家の教育の場の必要性を感じていました。

CSPP Japan was founded by Dr. Satoru Saito MD and Clinical psychologist Kazumi Nishio. Ph.D.  Dr. Saito is a recognized psychiatrist who has treated many patients with addiction and trauma.   He felt urgent need of Japanese society to have more skilled psychotherapists.  Dr. Nishio was a California licensed clinical psychologist and provided psychology services in northern California.  Dr. Nishio met Dr. Saito, and began introducing a concept of co-dependent and adult children of alcoholics and practicing psychotherapy in Japan, and shared the same urgency with Dr. Saito.

斎藤博士と西尾博士は、それぞれの長く幅広い臨床経験を通して、被虐待体験やドメスティックバイオレンスなどの深いトラウマが心に与え続ける影響の大きさを理解していました。これらの問題に根本的に向き合える実践力のある心理臨床家の養成するために、このCSPPの日本校が設立されたと言えます。

It can be said that CSPP Japan was build based on a shared passion of Drs. Saito and Nishio to make psychotherapy and recovery work more available to Japanese people in Japan.

CSPP Japan community's current operation


日本校閉校後、修了生が、日本における母校のベースを失うことによって起き得る困難を最小限にするため、日本校創設者の一人である名誉教授・西尾和美博士により、アライアント教育ファウンデーション内に西尾和美臨床心理基金が設立されました。CSPP日本校の在校生・修了生が、閉校後も、お互いサポートしあい、学び続けることを支援するための基金です。CSPP修了生を中心とした活動である日米心理研究所(JUPI)が日本での基金運営を委託され、2019年7月から、この基金での活動を行っています。また、CSPP日本校閉校後は、CSPP日本校最後のプログラムディレクター西澤奈穂子博士が、CSPP日本校リエゾンとして、アライアント国際大学内に籍を置き続けることになり、CSPP日本校修了生と本校のコミュニケーション等を支援することになっています。
連絡は 西澤奈穂子  nnishizawa@alliant.edu

Upon a sudden news of a decision of closing CSPP Japan program, Dr. Nishio established Kazumi Nishio Psychology Fund in Alliant International University in order to minimize the negative impact of the closure on CSPP Japan alumni.  This fund supports CSPP Japan alumni to be able to access their academic record in the US without language barrier, to keep networking with each other and support each other, and to continue educating themselves.  Japan-US Psychology Institute in Japan is delegated to carry out the projects of this fund, and Nahoko Nishizawa, Psy.D., who was a program director of CSPP Japan, will remain at Alliant International University as a CSPP Japan liaison and support CSPP Japan alumni’s communication with Alliant International University.
Nahoko Nishizawa, Psy.D.    nnishizawa@alliant.edu

西尾和美臨床心理学基金の活動は以下のサイトで確認してください。
 
More information about Kazumi Nishio Clinical Psychology Fund 
http://www.jupinpo.org/about_nishio_fund/

History of CSPP Japan


2001年6月
June 2001
米国西部学校・大学協会大学委員会(WASC Senior College and University Commission) 臨床心理学研究科修士課程認定
Accredited as a master’s program of clinical psychology by WASC
2002年9月
September 2002
アライアント国際大学・カリフォルニア臨床心理大学院臨床心理学研究科臨床心理学専攻修士課程開講
Launch Alliant International University California School f Professional Psychology Clinical Masters Program in Japan.
2002年9月
September 2002
斎藤学/株式会社アイエフエフのサポートにより東京サテライトキャンパス開設 東京都港区東麻布
Tokyo Satellite campus opened with collaboration of IFF Inc and Dr Satoru Saito
2002年9月
September 2002
西尾和美・ナンシーピオトロウスキー コ・プログラムディレクター
Drs. Kazumi Nishio and Nancy Piotrowski  Co Program Directors
2002年9月
September 2002
開講記念シンポジウム
CSPP Japan Opening Celebration Symposium
2005年8月
August 2005
西尾和美奨学金・CSPP奨学金給付
Kazum Nisho CSPP Scholarship began
2005年9月
September 2005
第一回学位授与式
First Commencement
2005年9月
September 2005
本間玲子 プログラムディレクター
Dr. Reiko Honma True Program Director
2008年5月
May 2008
本間玲子賞設立
Dr. Reiko Honma Award Started
2009年2月
February 2009
キャンパス移転 東京都千代田区二番町
Campus Move
To Nibancho Chiyoda-ku Tokyo
2011年6月
June 2011
WASC Senior 認定更新
Reaccreditation passed by WASC Senior
2012年5月
May 2012
キャンパス移転 東京都千代田区神田須田町
Campus Move
To Kanda Suda cho, Chiyoda-u, Tokyo
2012年7月
July 2012
CSPPカウンセリングルーム西尾和美基金設立
CSPP Counseling Room, Kazumi Nishio Fund Started
2012年9月
September 2012
10周年記念シンポジウム「人のつながりを活かす心理学とは」
10th Anniversary Celebration Symposium 
“Connection as our best resource of mental health”
2013年3月
March 2013
CSPPカウンセリングルーム開所
CSPP Counseling Room Opened
2014年9月
September 2014
田中ケイ葉子 プログラムディレクター
Dr. Yoko Kay Tanaka Program Director
2014年12月
December 2014
文部科学省より外国大学日本校として指定
Designation of Foreign University by Japanese Ministry of Education
2016年07月
July 2016
キャンパス移転 東京都千代田区外神田末広町
Campus Move 
To Suehiro cho, SotoKanda, Chiyoda-ku, Tokyo
2017年12月
December 2017
アライアント国際大学理事会にてCSPP日本校の閉校が決定
CSPP Japan program closure was decided by the board of Alliant International University
2018年7月
July 2018
西澤奈穂子 プログラムディレクター
Dr. Nahoko Nishizawa, Program Director
2020年3月
March 2020
新型コロナウィルス感染症の拡大による授業のオンライン化
All classes became online due to COVID19
2020年8月
August 2020
最後の学位授与式がオンラインにて開催。閉校。
Last commencement held online.
Campus Closure
a

What will your impact be?

Return to Top